「プロジェクトチームの課題と編成について」

    令和元年度におけるプロジェクトチームの課題については、当法人の直面する
問題点と平成30年度の実績を踏まえ、下記の課題について「特定非営利活動
法人高齢者・障害者安心サポートネットの事務局等組織及び運用に関する規則」
第9条の規定により、プロジェクトチームを編成します。

   編成後のプロジェクトチームは、課題の趣旨を実現するため、調査検討を行い、
所要の作業を実施して、相応の成果を得るものとします。

   なお、会員は、その希望により選択したプロジェクトチームに所属して活動し、
自己の能力向上を図るとともに、相応の成果を享受するよう努めてください。

   
 障害者後見研究会 

チームリーダー   高原 勝利
サブリーダー   中島信男、永松 肇
趣旨説明
  障害者後見の現状は急速に変化しつつあります。この障害者をめぐる状況の変化を踏まえ、広く障害者支援団体との連携を模索しつつ、速やかに障害者後見の課題を整理することが必要です。
 障害者後見に関心のある会員が、こぞって障害者後見研究会に参加して、これま成果を踏まえて、次の課題について、更に一層、研究と実践を積み重ねて、障害者対策を大きく前進させたいものです。

(1) 平成28年発刊の「障がい者後見等事例
集」以外の障がい者後見等事例について、その職務担当者からヒヤリングを行い、 事例集を補強して、今後の障害者後見に役立てていく。
(2)  障害者支援団体に対する障害者後見
の啓発と連携を強化し、親亡き後の後見制度の活用を促進する。
(3)  安心サポートネット基金の活用による低
所得者層の後見制度の利用促進
            

任意後見研究会

チームリーダー   森山 彰   
サブリーダー  樋口健児、岩田末雄
中嶋幸子
 趣旨説明
  当法人の重点目標は、昨年度に引き 続き、「任意後見移行型を基軸とした受任体制の整備・拡大」です。したがって、今後とも任意後見移行型の取組みが当法人の中心になります。
   高齢者や障害者の皆さんは、すべて将来の身体能力の低下や判断能力の減退の不安を抱えています。この不安を解消するための保護・支援策が任意後見移行型の契約であり、自己決定権の尊重の理念が最もよく反映された制度です。 これまで、同研究会では、この移行型全体を「身上保護重視の後見」と「適正な指導監督の充実」という観点からリニューアルし、一般市民にも分り易いように、図形説明方式を取り入れる等のシステム改善を図ってきました。
   今後の課題は、昨年度と同様、この契約の受任体制の実践訓練と人材育成ですが、この業務の修得は、奥が深く、遣り甲斐に満ちたものですから、修得されれば、任意後見アドバイザーとして大いに活躍が期待できます。
   任意後見移行型は、市民後見人に最も適し、将来は法定後見に代わり、後見制度の主役を担うことになりますので、是非とも、多くの皆さんの積極的な参加を期待しています!
 

 初級後見実務研究会

チームリーダ  原田 隆行 
サブリーダー 福村 金子 
趣旨説明
 初任の職務担当者が適正・円滑に後見実務を処理するためには、後見実務の基礎的な知識・技能(財産目録、基本帳票、各種申請・報告等の作成、活用)の修得が必要です。また初心者同士が、お互い情報を交換し合ったり、職務遂行上の疑問点を議論したりして、後見マインドを身に付ける研鑽の場も必要です。
  このような初心者のニーズに応える目的で、昨年度から、@ 初就任2年未満の職務担当者、並びにA 就任を希望する初心者向けの本研究会を創設しています。
  今年度は、昨年度より範囲を広め、後見事務全般の基礎的な知識、技能の修得をも対象とする予定です。
  上記の条件を充たす皆さんは、是非ともこの研究会に参加して、できるだけ
早く幅広い基礎的な知識や技能を修得して、大いに活躍してみませんか!

 親族後見人支援の会

チームリーダー  豊留 一
サブリーダー    
趣旨説明
  現在では親族後見人の選任比率は、2割5分程度までに低下しましたが、家裁はその理由を「親族後見人は不適切な処理が多い。」からだと説明しています。この不適切な処理は、後見事務の未熟さと指導監督の欠如に起因していたことが多いからだと思います。
  今年に入り、最高裁は、後見人等の選任の基本的な考え方として、「後見人となるに相応しい親族等の身近な支援者がいる場合は、これらの支援者を後見人に選任することが望ましい。」という考え方を示しました。
  当法人では、一足先に、昨年度から当支援の会を立ち上げ、親族後見人に適正かつ円滑な事務処理に必要な知識及び技能の習得を図り、もって、信頼される親族後見人を育成することにより、親族後見人全体の信頼性向上につなげる努力をしています。
  ついては、全国的にもまだ例を見ない本支援の会を、支援の実効性が確保された模範的な会にどのように育てていくかが課題です。是非とも、その課題解決のために参加して、魅力的で実効性のある親族後見人づくりに大きな貢献をしてみませんか!

 歩こう会企画部

チームリーダー  石橋 博  
サブリーダー    井上 清子
趣旨説明
  これまで、歩こう会は、近くの名峰の山登りを中心に、景勝地所旧跡めぐりも企画して多岐化を図ってきましたが、本年度も安心サポートネ
ット熊本との交流を深めるとともに、更に企画の多岐化として、理事長杯争奪ボーリング大会を開催することとします。また、歩こう会の精神を会員全体に普及させ、歩くことを奨励することにより、会員の健康と相互の親睦を促進してまいります。
 この趣旨を体して、「楽しい歩こう会」を企画・演出し、会員の健康と親睦を裏方として支えることは素晴らしい仕事です。是非とも、この仕事を担当する
企画部で大いに活躍してみませんか?積極的な参加を期待します!

広報

第2回福岡熊本合同懇親会(菊池渓谷)
       同     上(自己紹介編)

第3回福岡熊本合同懇親会実施報告

第4回福岡熊本合同懇親会実施報告

 平成28年度 第1回・歩こう会結果報告

各地区における成年後見制度研究会

1、筑紫野市成年後見制度研究会     
 チームリーダー  中嶋幸子
 サブリーダー  生地 篤
2、宗像地区 成年後見制度研究会  
 チームリーダー  廣塚 道治
 サブリーダー  中村憲司、興田達雄
3、糸島地区 成年後見制度研究会  
 チームリーダー  山下八生
 サブリーダー  川畑 仁
4、久留米地区 成年後見制度研究会 
 チームリーダー  生地 篤
 サブリーダー  辻 吉平
趣旨説明
  当法人は、地域後見の実現を目的として、各地域の拠点づくりを推進しています。現在、筑紫市、宗像、糸島及び久留米の各地区に「成年後見制度研究会」が設置され、各研究会では、それぞれの実情に即し、それぞれの特徴を生かし、それぞれの課題に挑戦しています。
 その挑戦に当たっては、各地区会員で構成され、横の組織であるプロジェクトチームで、その特質を十分に発揮して、自由闊達に活動することが重要です。そして、これらの活動を通して、地域住民の皆さんの不安を解決する相談体制を確立し、相談に適切に対応することによって、各地区の住民の皆さんの信頼を獲得したいものです。
   そして、終局的目標としては、後見人等の受任、指導、育成事業を中心に、その関連事業を展開するために、NPO法人を設立することを視野に入れることも重要です。
 各地区の皆さんは、是非とも各地区研における拠点づくりに参加して、大いに活躍されんことを期待します。