特定非営利活動法人高齢者・障害者安心サポートネット基金規程
(趣旨)
1条 本規程は、当法人内に設ける特定非営利活動法人高齢者・障害者安心
 サポートネット基金(以下、「本基金」という)の財源、用途、運用方法等を
 定めることにより、後見人等の受任、指導、育成事業の円滑な推進に寄与す
 ることを目的とする。
(目的)
第2条  次の各号に定める目的のために、当法人内に本基金を設ける。

 1 障害者後見における困難事例の解決事業。

 2 障害者後見における職務担当者の報酬が著しく平均水準を下回る場合の
   補てん事業。
  

 3 当法人の任意後見に対する取組みに関する啓発宣伝事業。

4 任意後見契約(移行型を含む)委任者と当法人間の信頼を保持するための
事業。

 5 任意後見及び委任契約受任者における職務担当者の報酬が著しく平均水
準を下回る場合の補てん事業。

 (財源) 
3条 本基金は、当法人の会員かどうかを問わず、本基金の趣旨・目的に賛
 同する者からの当法人への寄付金、遺贈による収入を財源とする。

2 当法人への遺贈は、その用途が明示されているかどうかに拘らず、すべて
本基金への遺贈とみなす。

3 本基金の財源には、財源不足の場合に限り、当法人の理事会の決議により
当法人の資産を繰り入れることができる。

4 前項の理事会の決議は、出席理事全員の賛成を得なければならない。

 運営審議会)
 第4条    本基金を運営するため運営審議会を設ける。

2 前項の運営審議会の委員には、当法人の理事を充てる。

3 理事長が委員長として運営審議会の議事をつかさどる。

(基金による出捐)  
第5条    2条各号に定める目的のために本基金から必要な費用を出捐すること
  ができる。

2 本基金による出捐は、予め運営審議会の委員又は当法人のプロジェクト・
リーダーの発議により運営委員会全員の賛同を得なければならない。

3 委員長は毎年その年度の通常総会において本基金の運用状況を報告する
 ものとする。
 
 (経理上の処理)
第6条    本基金の経理上の処理としては、「安心サポートネット基金」の名称によ
 り「準備金」と同様の処理を行うものとする。

2 本基金の経理に関する処理は、経理部長が所管する。

(通達への委任)
 第7条 本規程に定めるもののほか、本基金に関し必要な事項は、通達で定める。
附則 
 第1条        本規程は、平成2761日から施行する。
 第2条        本規程は、施行2年後に見直し、必要な改正を行うものとする。